自由な形にカットして利用可能なシートタイプ

『ノンブレンシート』は、防振、制振にすぐれたシートタイプの製品です。 精密機器などの下に敷き、簡単に振動を抑えられる防振シートです。 計測機器やパソコン周辺機器などの除振・制振にお使い頂けます。

防振シートの特徴

対象物に合わせて自由に切断

ノンブレンシートは据付けや移転がきわめて容易で特別な基礎工事の必要がほとんどありません。また自由な大きさに切断して使用できることから、たいへん経済的です。

硬度は5タイプから選択可能

用途に応じて5タイプのをお選びいただけます。

防振シート NSシリーズ 仕様

  1. 大きさはAタイプ(t=0.5mm・1mm・2mm・3mm・5mm・10mm)とBタイプ( t=3mm・5mm・10mm)をご用意しています。 機器の下に敷いたり挟み込むだけで簡単に設置ができます。
  2. 硬度は次の5種類からお選び下さい。
    15°(紺) 30°(薄緑) 40°(赤) 50°(空) 70°(緑)
  3. 色・硬度による価格差はありませんが、粘着性を抑えるための表面処理を施す場合は、別途費用が必要です。
  4. 切断にはハサミ・断裁・トムソン型等による打ちぬきを行ってください。

外形寸法図

選定手順

  1. 選定手順
    実際の選定例(※【選定例】タワー型PC:6kg(冷却ファン・ハードディスク含む)の場合)
  2. 各構成部品の周波数をできる限り求めます。
    冷却ファン 3000rpm ÷ 60s = 50Hz
    ハードディスク 7200rpm ÷ 60s = 120Hz
  3. 最低周波数が、厚み選定グラフの範囲に入るように厚みを決めます。
    グラフから、厚みが5mmまたは10mmのものを選択。
    取付スペースに余裕がある場合、厚めのものを選択した方が安心です。
  4. 適正な表面積を選択
    4点支持(4隅で支える)にて使用の場合、1箇所当たりの荷重を計算。
    6(kg)÷4(箇所)=1.5(kg) 【1箇所当りの荷重】
    硬度と適正荷重の表より、硬度15 厚み10mm □25mmを選択します。
  5. シート型式の確認
    上記より、硬度15 厚み10mm □25mmが4枚必要なのでAタイプ(□100mm)を注文します。 下記の「注文方法について」に従い、型式 NSA-s15-t10 になります。

最低周波数からの厚み選定グラフ

最低周波数からの厚み選定グラフ

※注意 厚み0.5mm~2mmに関しては、Aタイプ(100mm×100mm)のみの取り扱いとなります。
なるべく厚めのものをご使用下さい。

硬度と適正荷重

適正荷重 (kg)
□10 (mm) □25 (mm) □40 (mm) □100 (mm)
厚み
5(mm)
厚み
10(mm)
厚み
5(mm)
厚み
10(mm)
厚み
5(mm)
厚み
10(mm)
厚み
5(mm)
厚み
10(mm)
15 0.17 0.2 3.3 1.5 18 8.5 476 210
30 薄緑 0.67 0.45 12 4.2 75 18 1440 470
50 1.5 1 22 11 133 42 2475 1100

厚さ2mm以下のものは、Aタイプのみとなります。
※表中の数値は計算値であり、保証値ではありませんのでご注意下さい。

上記選定方法で選定できない場合は、別途ご相談下さい。 硬度0・硬度5・硬度40・硬度70のタイプもご用意いたしております。 また規定サイズ以上のもの・着色についてのご相談は、別途お問い合せ下さい。